トヨタホーム岐阜株式会社

トヨタホーム岐阜株式会社は1983年5月創業、1987年6月セイノーグループへ参入し、
トヨタホームの販売、設計、施工、管理・リフォーム・分譲地開発・不動産の売買、賃貸、仲介・店舗、社員寮等の集合住宅の設計、施工、管理を事業しています。
ZEH住宅、LCCM住宅の訴求、建設、省エネ創エネ設備の普及を基本に事業展開を図ることでSDGsを推進していきます。

会社名 トヨタホーム岐阜株式会社
住所 岐阜県岐阜市市橋2丁目1番1号
TEL 0120-388-620
URL https://youtu.be/vu5dRkzgiCM

LCCM住宅の認知・提案と建設

LCCMはライフサイクルカーボンマイナスの略称で住宅に関する建築の材料の製作に関わるCO2、住み続ける事で発生するCO2、さらに住まいの解体処分までを含めた全ての排出するCO2がトータルでマイナスとなる建物のことです。
極端に言うと住まいに関しては究極の環境対策エコ住宅です。
世界中の建物が全てLCCM住宅になれば地球の温暖化防止に対し大きく貢献することが出来ます。

BCP対策[災害時の事業継続]と災害時の防災拠点[地域の避難所]化

トヨタホーム岐阜㈱本社を、BCP対策[災害時の事業継続]と災害時の防災拠点[地域の避難所]にするために
V2Hスタンド設置工事を進めております。
電気があるだけでも明かりがあり安心できます
昭和55年以降にたった建物ならある程度の耐震強度が有りますので避難所の密を緩和することもできます
1セット10kwh/日でプリウスPHVガソリン満タンで4日間使用が可能です
1セット工事額185万円のうち
デンソーV2Hスタンドで補助55万円工事費用で補助95万円補助金計150万円有りますので
実費用35万円でBCP対策が図れます(工事内容で減額変更あり)
皆様の会社でも地域の避難所化が図れますのでプリウスPHVや電気自動車を所有してみえる方がみえれば是非とも検討される事をおすすめします。

住まい災害時のエネルギーストレス軽減

住まいの耐震化(耐震性能3等級)をはかり避難不要に。万一災害による停電があっても、太陽法発電で創った電気や安価な深夜電力を蓄電池のようにクルマに蓄え、エネルギーを効率的に活用します。
クルマから家全体にまるご給電することにより、普段通りの生活が出来、災害時のエネルギーストレスを減らせます。

全館空調システム「スマートエアーズ」で暖冷房費の削減

年中、家中どこでも心地よさを実感できるオリジナル空調システム。
効率的な運転によってエネルギーの無駄を減らし、一年中健康的に暮らせます。

太陽光発電システムでクリーンエネルギーを創り出す

太陽光から電気をつくる創エネシステム。
燃料を必要とせず、CO2の発生を抑えます。
自然のエネルギーとエコロジー&エコノミーに暮らす毎日を実現。

災害断水時の生活水の確保に役立つマルチアクアの設置

災害時などの断水時に、飲み水として利用できる飲料水タンクです。4人家族で約10日分に相当する最大120L水を確保することができます。